試行錯誤の社会人1年目のブログ

現在22歳の社会人1年目の思うがままを書いていきます‼︎

税金対策

 

税金対策っておかしな言葉だと思う。

 

国のためにお金払って国民を守るためのお金なのに、課税額を減らすって、、、

 

どんな人でもやっぱり自分のことが最優先なんだなーと思います。

 

払う税金が少なければ自分はいいけど、みんなが税金払わなかったら国はみんなを守れなくなっちゃう。

 

ま、これは綺麗事で私もできるだけ税金払いたくないと思うし、なによりも自分の人生充実させたいと思うよ。

 

それはそれでいいと思うし、だからもっと税金の勉強しなくちゃいけないなーって最近おもってます(^^)

立ち止まって考える時間

 

今日は「立ち止まって考える暇はないよ」と言われました。

 

みなさん色々なことに追われて多忙な日々をお過ごしだと思います。

 

あっという間に1週間が過ぎた。

 

気づいたらアラフォーだった。

 

などなど、多忙な日々だと時間の流れって早かったりすると思います。

 

特に新しく何か始める場合。

 

要領もなにもわからないので日々一生懸命生きてるんだと思います。

 

忙しいことっていいことなんですかね⁇

 

心が亡くなるって書くとか言いますけど、捉え方によっては充実してるとも言えますし、苦しいことでも後々振り返るといい経験になったということもあります。

 

忙しい時に立ち止まって物事を考えるタイプの人間は、「つべこべ考えずにとりあえず動け」とよく言われます。

 

一理あるけど、、、

 

どっちが正しいとかないので考えてしまうんですけど、同じようなこと考えてる人の意見聞いてみたいものですね。

 

 

毎日続けること

 

こんばんはー

 

毎日続けることって大変ですね

 

毎日同じような仕事しててなかなか成果出なくて、それでも続けるってのは非常にすごい。

 

やっても意味がないとか思ってしまうけど、それでも続けるって大事。

 

同じ練習を続けても結果が出ないと練習方法が間違ってるのではないかと思ってしまう。

 

ただ単に続けるってなんも考えてないようで悪いことみたいだけど、それでも続けるってすばらしいことだな。

 

ちっちゃことをこれから続けていこう。

世界を変えることはできない

 

こんばんは

 

私は世界を変えたいと思ったことがあります。

 

でもやっぱり無理だなーって思います。

 

世界じゃなくても何かを変えたいなーって思うことあると思います。

 

でもそれもできないんだなー

 

例えばプレゼントをあげる時。

 

みんなにプレゼント渡したいなーって思うけど、そんなの無理無理。

 

自分の周りの人にしか渡せないよね。

 

友達だったり、学校、職場の人だったり自分の身近な人にしかプレゼントあげれない。

 

何かを変えたいって思うのも一緒。

 

もっとこの商品のことを世界のみんなに知ってもらいたいと思っても無理無理。

 

CMとかSNSで宣伝しても興味ある人しか見ないし、読まないから結局みんなには伝えれてない。

 

だったら自分の親、兄弟、友達、同僚にその商品のこと教えることぐらいしかできない。

 

それでいいんだと思う。

 

自分一人では限られた人にしか伝えれないけど、それが伝わればまたその人が別の人に伝えてくれるかもしれない。

 

自分にできることは身近な人に感謝し、伝えることくらいなんじゃないかな。

 

世界は変えれないけど、身の回りは変えることができる。

そうしたらいつか世界も変わるかもね。

遅くまで仕事すること

 

こんばんは

 

遅くまで仕事することってのはいいことなのかもしれません。

 

数字を出すために、努力できる人間。

努力できる才能ってのは誰しもが持っているわけではないと思います。

 

ただ、最近感じるのは、遅くまで仕事すること自体に誇りを持っている人が多いのかなーと。

 

それ自体はそんなに価値があることではなく、目標のために努力できることがすごいことだと思うのです。

 

だから、早く帰る人が悪いのではありません。

 

逆に、早く帰る人は限られた時間の中で効率よく仕事のできる素晴らしい人だと私は思います。

 

日本人は特に長時間仕事することに意義を見出そうとしていると思います。

 

完全に間違ってるわけではありませんが、本質を考え直すいいきっかけになればと思います。

自分力を高める

 

こんばんは。

 

これまたサボりすぎて久々の投稿です。

大変申し訳ございません。

 

 

私は最近自分力を高める重要性を感じています。

 

私は大学までずっと野球に取り組んで来ました。

 

野球はチームスポーツですからチームワークが大事です。

 

チームが一つになって弱小校が強豪校に勝つというケースも稀にあります。

 

私は弱小校で野球をしていたので、よく、チームのためにということを言われてました。

 

ホームランを打つようなチームではないからバント、エンドラン、ワンバン送球などをするよう言われました。

 

もちろん強い相手に勝つためにチーム力を高めることは大事です。

 

しかし、それ以上にこの能力を高める必要があると私は思います。

 

ホームランを打たないなら打てるようになるべきだと思います。

 

大学でも同じように、大学の名前にとらわれることなく、自らの能力を高めることが大切だと思います。

 

 

集団に所属していることに頼りすぎるのではなく、一人でもできることを増やしていくことは大事だと思います。

 

 

日本人であることに甘えて、英語を学ぼうとしないのも同じようなことだと思います。

 

今日自分力を高めなきゃと思うだけでも少し自分力が高まってると思います(^^)

一生懸命がんばっても、、、

 

こんばんは

 

久しぶりの投稿です。

 

 

最近考えるのが、一生懸命がんばるということです。

 

誰かに対して一生懸命頑張りなさいと言ったことはありませんか⁇

 

また、誰かに一生懸命頑張れと言われたことはありませんか⁇

 

ではこの一生懸命とはどういうことなのでしょう。

 

私が思うに、この言葉の本来の意味は、一生懸命頑張る言葉のことを求めてるのではなく、結果を求めているだけだと思います。

 

そして、一生懸命がんばったら必ず結果が出るとも思っています。

 

しかし、私が当事者として思うのは、一生懸命頑張らないことの方が少ない。

 

そして、結果が出るのは本当に稀なことだと思います。

 

結果じゃなくて過程で評価しようとしている言葉ですが、実は結果しか求めていない。

 

一生懸命がんばっても、、、

 

どうにもならない。

 

だから私は一生懸命頑張らなくてもいいと思います。

 

一生懸命頑張るのと結果はあんまり関係ないことですから。

 

 

 

一生懸命という言葉が生み出す実力主義という考えに私はいつも不満ばかり抱えたいます。