読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試行錯誤の大学生ブログ

現在21歳大学生の思うがままを書いていきます‼︎

相手のことを考えてる気になってしまうこと

 

こんにちは

 

しばらく間が空いてすみません。

 

今日は相手のことを考えた行動や言動について。

 

 

最近私はアルバイトに入る機会が多く、様々なことを考えされられています。

 

そのうちの一つに「誰のために働くか」ということです。

 

真面目な人ほどお店のために働くとかお客様のために働くと考えると思います。

 

その考え自体は素晴らしいものだと思いますが、一歩間違えればストレスにもなります。

 

それこそお金稼ぎとしか考えていない人は最低限の仕事しかせず、楽しようとするので、真面目な人からすれば非常に腹ただしく、苛立ちを覚えるはずです。

 

そして、その真面目な人が不機嫌になることでアルバイト全体の雰囲気も悪くなり、全員の仕事能率が下がる。

 

すると人件費に対するパフォーマンスができなくなり、お店としてはダメージを受け、お客様へのサービスのクオリティーも落ちる。

 

これでは本末転倒なお話です。

 

 

真面目な人に陥りがちなことだと思います。

 

このような状況にならないためには、本当に突き詰めて考え、自分の振る舞いが周りに与える影響、コーチング、マネジメント、セールスなどなど多岐に渡って考えなければいけません。

 

簡単なことではありませんが、お店のため、お客様のために働くと考える真面目な人はもう一歩突き詰めて考えると結果も伴ってくると思います。

 

 

チームのため

 

こんばんはー

 

今夜は「チームのため」について

 

 

団体競技や集団で動く時、チームのために動けと言われることがあります。

 

私はこの「チームのため」という言葉が大っ嫌いです。

 

私は野球をしていましたが、どのチームに所属しても「チームのために」という言葉を聞いてきました。

 

「チームのため」といいつつも、一人一人に与えられるこの言葉の意味は大きく異なっていると思います。

 

例えば試合に出場する選手は自分が試合で活躍すればいい。それがチームのためだと。

 

しかし、試合に出ない選手はどうだろうか。

 

レギュラー選手のサポートをすることがチームのためだと言われる。

 

 

前者は自分がやりたいことをやっているだけで後者は自分を押し殺してする行動だと思う。

 

どちらが辛いかと聞かれたら私は圧倒的に後者だと思う。

 

本当にチームのことを考えて行動しているのは後者なのに、後者は少しでも隙があるとチームのことを考えろと怒られる。

 

前者は大してチームのことを考えずに、自分自身楽しんでいるだけなのに否定されることなく評価される。

 

 

だから私はチームのためという言葉が大っ嫌い。

 

自分になんとか言い聞かせて文句も言わずにひたむきに努力しても、それは誰にも評価されないしむしろ自分自身で否定してしまう。

 

同じ理由で結果より過程を重視する考えも嫌いで、結局は結果しか求められてないし、頑張ってるとかほとんど価値がない。

 

 

いつも論理的に物事を考えてしまう私ですが、今夜は少し感情的になって自己中心的な考えになってしまいました。

 

それでも、その心から溢れてくる感情というのは大事だと思っているので、率直な感情を投稿しました。

 

 

おやすみなさい(^^)

人の後ろに隠れた動機付け

 

こんにちはー

 

しばらく間が空いてしまいましたが、只今暇なので投稿したいと思います。

 

 

人が何かを判断する時、どうしても目に見える情報だけで判断してしまう気がします。

 

それこそこの前私が考えていた残業についても、実際にどのような条件で状況で環境でどのような仕事を残業としてしていたのか、それぞれ具体的事案に沿らないと判断できない思います。

 

それにもかかわらず残業は良くないと決めつけるのは我々がそのバックグラウンドについて無知であり、経験則に基づく残業のイメージで判断しているからだと思います。

 

「この人のためだったら尽くせる」と思えたりすることだってあると思います。

 

その感情に基づく残業であれば、イメージも悪くないと思います。

 

 

例えば接客業でその日はやる気が感じられず、無気力になっている人がいた時。

 

普通は「なにしてるんだ」とか「やる気ないなら帰れ」とか思うはずです。

 

しかし、その人が無気力な原因が前日に両親を失ったことが理由だったら?

 

少しは同情するかもしれませんね。

 

もちろん仕事にプライベートな理由を持ち込むのは良くないことです。

 

ただ、その目に見えない情報を知っていたら、アプローチの仕方も多少は変わっていたはずです。

 

 

正直、そんなとこまで見ることは非常に難しいですし、キリがありません。

 

しかし、そこを意識するのとしないのでは少しではありますが、人間関係が円滑になったり、不満やストレスが解消されたりすると思います。

 

 

その人の後ろに隠れているなにかを感じとることができれば楽しい人間関係が築けそうな気がしますね(^^)

大事にしてる考え方

 

こんにちはー

 

2016年も残すとこ2ヶ月になりましたね(^^)

 

今日は私が大事にしている考え方について。

 

 

 

 

私は常に前進することを大事にしてきます。

どうしたら前に進めるのかを常に考えるようにしています。

そして、この考え方をみんなにしてほしいと思っています。

 

例えば何か失敗をした時。

 

誰が悪いとか何が悪かったとかは皆さん考えると思いますし、分かると思います。

しかし、原因を見つけたところで何も変わらない。

もちろん原因がわからないと次にも繋がりませんが、重要なのはここではなくて「どうしたら次成功するか」を考えることだと思っています。

 

 

できない理由をさがすのではなく、どうしたらできるかを考える。

 

 

自分のことだけではなく後輩、部下に対しても同様です。

 

仕事能率が悪い部下に対して、「なんでこんな簡単な仕事ができないんだ」や「こいつは仕事ができないからもう任せられない」など考えるのは誰でもあることだと思います。

 

ここでも大事なのは、部下が仕事をできないという事実ではなく、なぜ仕事能率が悪いのか、どうしたら仕事ができるようになるのかを考え、指導することだと思います。

 

できない理由をいくらあげても前には進みません。

 

 

私は根っからのネガティブですが、だからこそこのような考え方を大事にし、意識しています。

 

 

「できない理由をさがすのではなくて、どうしたらできるのかを考える」

 

 

簡単なことではありませんが日々意識すると少しずつ前に進むことができると思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

理由なんていらない

 

おはようございます!

 

初の朝投稿になります(^^)

 

私は将来一軒家に住みたいです。

結婚もしたいです。

子供を授かりたいです。

幸せな家庭を築きたいです。

 

 

以前、好きや嫌いを疑うというテーマがありました。

それは、なぜ好きなのか理由を考えてしまうというもの。

 

先ほど挙げた私のなりたい将来像についても同じだと思います。

 

なぜ?と聞かれると困ってしまう。

 

しかし、ここに挙げた私の思いは揺るぎません。

 

これが自分自身の素直な気持ちというものなのかもしれません。

 

 

そうかんがえると、私の好きなことにも同じようなことが言えるかもしれません。

 

結局、理由なんていらないことばかりだった気がします。

 

以前の投稿と矛盾する内容ですが、今は理由なんていらないと思ってます。笑

朝日を浴びているせいか清々しい気持ちです。

夜になるとまた戻るかもしれません。笑

 

 

、、、ということは、朝型になると考え悩むことが少なくなる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えてる今朝でした。

 

 

 

労働者と雇用者

 

こんばんはー

 

今夜は21時に就寝、翌日1時に起床という不思議な生活をしてしまったので、この時間の投稿になります。笑

 

電通の女性社員過労死が問題となっていますね。

 

私たちはメディア越しの情報しか得ることができませんので、どこまでが事実でどこからが過剰報道なのか分かりませんが、少なくとも電通の労働環境が労働基準を超えていることは間違いないみたいです。

 

「大企業に勤めたらこんなの当たり前だよ」といえばそれまでかもしれませんが、そこまで軽視していいようなニュースだとは思えません。

 

もしかしたら今回の事件がきっかけで、「私が自殺したら世の中の労働環境を変えられる!」と考える人が出てくるかもしれません。

 

これはよくないことですが、この先どうなるかは誰にも分かりませんよね。

 

今回は労働をテーマに少しお話したいと思います。

 

 

労働について考える際、私は二つの視点が大事だと考えています。

 

一つ目は労働者目線、もう一つは雇い主目線です。

 

ここまでのお話のほとんどは労働者目線でしたが、雇い主目線になるとどうでしょうか?

 

アルバイトを例に挙げますと、労働者目線だと時給が高くて楽な仕事がいいです。しかし、雇い主目線になると人件費が安く多くの仕事をしてくれる人の方がいいです。

 

お互いに意見は対立していますが、共通している点があります。

それはどちらも自分中心で物事を考えているということです。

 

自分中心に考えることは人間の本能であり、悪いことではありません。(性悪説をとれば話は別ですが笑)

私が言いたいのはどちらかが楽な方、得する方ばかり追求するともう一方が苦しくなり、損をするということ。

 

物事を自分ベースに考えることは必ずしも良いとは言えません。

 

「みんな苦しい中頑張ってるからお前も一緒に頑張ろう。」

 

「みんなが」というのは理由になりません。

 

「みんないじめられているのだからお前も今のいじめに耐えなさい。」と言っているのと一緒です。

 

自分がサービス残業しているから部下にもサービス残業させるのは理由になりません。

 

自分ベースに物事を考えすぎるとこのようなことになってしまいます。

 

 

アルバイトの話に戻しましょう。

 

労働者が自分中心で考えた場合、それは大して問題になりません。

どんなに時給が良くて楽なアルバイトをしていてもなんの問題もないでしょう。

 

しかし、雇用者の場合そうはいきません。

基準を下回る時給、労働条件を課すと法律で罰せられます。

 

どちらも自分中心で考えてるだけなのに、、、

 

 

いかに自分中心で物事を考えてしまっているのか、そしてそのことが他の人にどういう影響を与えているのか。

 

このことを理解し、周りに与える影響まで考慮し行動すれば、労働問題も少しは解消されるかもしれません。

 

 

問題指摘より解決策の提示を重要視する私ですが、今回はなんの解決にもならないお話になってしまいました。

 

今回は雇用者の立場に立つと、こんな考え方もできるよ!というお話でした。

 

 

 

好きや嫌いを疑う?

 

こんばんはー

 

今回はちょっと早めの投稿ですね。

 

 

みなさん、自分の好きや嫌いを疑ったことがありますか?

 

私はよくあります。

 

 

好きや嫌いを疑うとはどういうことかと言いますと、自分の好きな食べ物。

 

例えば、りんごが好きだとします。

 

「好きな食べ物は?」と聞かれるとりんごと答えるとします。

 

そんな時、「ほんとにりんごが好きなのだろうか?」と考えてしまうことです。

 

 

 

アホみたいですよね。笑

 

「好きに決まってるじゃん!」と思う方が多いと思います。

 

でも、私の場合、考えてしまうのです。

 

 

私はチョコレートが嫌いです。

 

みんなに人生半分損してると言われます。

 

あまりにも言われるのでたまに「ほんとにチョコレート嫌いなのか?」考えてしまい、一口チョコレートを口にします。

 

やっぱり美味しくありませんでした。

 

といった具合ですね。笑

 

 

さすがにチョコレートは何度も食べて何度も美味しくないと思ったので、もう疑うこともなく嫌いと言えますが。笑

 

他にも好きなスポーツ、好きな芸能人、好きな色など、私は考えてしまいます。

 

どういう時に考えるか。

 

それは、「なぜそれが好きなのか」と聞かれた時です。

 

今まで好きだと思っていたことを人に言葉で説明できず、その時に考えてしまうのです。

 

 

たぶん、私は感情より理屈で物事を考えてしまうため、このようなどーでもいいようなしょーもないことでも考えてしまうみたいです。笑

 

 

ある本には、「好きの内容は具現化できない。逆に、好きな理由を言葉で説明できたらそれは好きではない。」と書いてあり、そうなると私が今まで思っていた好きは全て本当に好きになってしまう。

 

そんなことはないですね。笑

 

ただ単に私の言語力不足だと思います。笑

 

 

 

今回はとても拍子抜けな内容でしたが、世の中にはこんな人もいるんだなーとでも思って読んでくれたらありがたいです(^^)