読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試行錯誤の大学生ブログ

現在21歳大学生の思うがままを書いていきます‼︎

育った環境の違い

 

こんばんはー

 

私は今カンボジアにいます。

 

カンボジアにいてもこのように投稿できるというのは素晴らしいです。

 

現代技術に感謝です(^^)

 

 

今夜は育った環境の違いについて。

 

私は3日前からタイに行っており、今日はカンボジアシェムリアップに移動して来ました。

 

私は今回が初海外だったのですが、本当に色々な人がいるのだなと思いました。

 

タイ、カンボジアに行ったにも関わらず、ミャンマー出身の人やドイツ出身の人と多くの会話をしました。

 

また、タイのシーロム駅の歩道橋には夜10時頃に子供が床に座っておにぎりを売っていました。

 

国境を超えたすぐで女の子が私の後ろについて来てお金をせがまれました。

 

彼ら彼女らは私と育った環境が大きく違うことによって生きていく道も異なったのだと思います。

 

ただ、私は彼ら彼女らをかわいそうだと思いません。

 

たぶん彼ら彼女らも私のことを羨ましいとも思わないと思います。

 

それは互いに今現在まで育った環境を基準にすると違いがありますが、仮に私がカンボジアで生まれ、カンボジアに育ったのならその女の子のような生活であっただろうし、それが当たり前になっていたのだから羨望も不幸も感じることはないと思います。

 

境遇だけでなく、考え方までも環境に染まってしまうと思います。

 

例えばタイのバイクタクシーの人々。

 

彼らは私のようなタイのことをよく知らない外国人からお金をたくさん取ろうとします。

そして、その行為を悪いことだと思っていません。

 

日本に育ったのなら、人から騙してお金をとることはよくないことだと自然に身につくでしょう。

 

 

私のアルバイト先にはネパール人がいます。

 

彼はよく遅刻をします。

 

これも育った環境の違いによるものだと思います。

 

日本は時間に正確です。

 

ネパールでは時間にルーズなのかもしれません。

 

 

それもこれも互いの文化を知らないと分からないことばかりです。

 

日本は島国で、国内が発展しているので出稼ぎに出国する必要もないですし、日本に居続けた方が幸せかもしれません。

 

グローバル化が進み、在日外国人も増えるもなると、その国の文化、歴史的背景、宗教など知っておかないと分からないでは済まないことになるかもしれません。

 

 

明日は朝からアンコールワット行ってくるのでもう寝ます。

 

おやすみなさい(^^)